TOP

飲みに行ったら朝まで風俗を梯子!常識ですよね!梯子する快感を体験談にしてみました!

デリヘルは嘘だらけ

私は定期的にデリヘルを利用していますが、これまでに数え切れないぐらい裏切られたことがあります。写真と来る子が違うのは当たり前で、スタッフがオススメしてきた子がブサイク、実際に料金が高かったなど、色々と騙されてきました。デリヘルなどの風俗業界は、こういった詐欺のようなことが当たり前の世界だと思っています。中にはちゃんとしたお店もあるのでしょうが、ほぼほぼ嘘だらけです。いかにお客さんを騙して利用してもらうかがポイントとなっているのでしょう。そのため、何度も騙されてきた私は、嘘を見破ることテクニックも身についてきました。今デリヘル店を探すとなったら、ほとんどの人がインターネットを使います。検索すれば簡単に見つけることができますが、デリヘル店のHPでオススメとか書いてある女の子は、ほぼほぼハズレだと思ってよいでしょう。また、新人とか書いてあるケースもありますが、本当の新人ではなく出戻りであったりするケースも多いので、信用できません。やはり、五反田あたりの風俗でピンサロを利用する方が満足感は十分得られるでしょう。


女の子もムラムラ

紀子ちゃんは21才。勿論、大学生です。勿論という意味はあまりありませんので深く考えないでくださいね。というのは、なぜか昔から女子大生というブランドには目がないのです。そして、昨今ではこの女子大生がデリヘルにいる可能性が凄く高くなってます。これは、本当です。大学生にとって大切なのは勉強です。しかし、どうしても必要なお金の為にアルバイトもしなければなりません。このアルバイトとしてデリヘルになるのです。なぜならば、普通にアルバイトするよりも短時間で目標の額になるからです。これでわかるでしょうが、彼女たちは真面目に勉強する為の時間をつくる為の方法としてデリヘルを選んでいると言う訳です。ですから、健全な女子大生の育成のためにも私たちはデリヘルという形を通して彼女たちを育てて行っているのです。もうひとつの目的としては、やはり女の子もムラムラする時だってあります。そんな時にはそんな気分も発散できるというメリットもあるのです。


ピンサロをなめてました

「五反田のピンサロ」これを聞いてアナタは何を思い浮かべるでしょうか?私はこう思います。「ピンサロの中のピンサロ」「トップオブザトップ」。まさかそんなわけないだろといわれるかもしれませんが事実です。五反田の風俗イメージはピンサロ店が作り上げたといっても過言ではありません。何故ってデリヘルは流行りだしてから20年も経っていない訳ですからね。10歳の少年が30歳になっいる今だからこそ、そこそこの認知度になってきてはいますが、昔はデリヘル事態がなかったわけですよね。最近の流行については体感も出来る部分があるので割愛しますが、昔はもっと風俗店が多かったのです。というのも、品川区は再開発を推し進めてきた影響もあるのか、過去に比べて風俗店も少なくなってしまったことは事実です。しかしながら幸いなことに、品川・五反田の量エリアでは品川の開発での雰囲気の様変わりに影響されたせいか、五反田にある風俗の利用者が増えたという状況があったのです。ですので未だに品川というイメージが強いですが、山手線沿線では新橋・五反田というイメージが非常に強いのです。ここで話が繋がるのがデイヘルで、ホテルの乱立によって日の目を浴びることになり時代を作り上げたといっても良いでしょう。とはいえ、まだまだ近年の動きであることは確かなので、結局のところはピンサロ店の台頭などの影響により五反田の風俗文化が生き残こることが出来たと考えてしまうことが自然でしょう。