>  > 風俗で出稼ぎってどうなの?

風俗で出稼ぎってどうなの?

出稼ぎで一番稼げて技術を必要としない仕事こそ風俗です。単純にエッチなことに興味があって積極的な女性であれば誰でも出来るからです。しかし、何故風俗なのでしょうか。他の業種でも出稼ぎはあります。海外などで英語を勉強しつつ海外リゾートでアルバイトをするプランも大人気でしょう。こういった海外での出稼ぎ事業はある程度の期間がしっかりと確保されていることが通常です。長い期間であれば、3ヶ月ほどは滞在することになるのではないでしょうか。もちろん出稼ぎですので、交通費・滞在場所・食事などの必須面はサポートされることが大前提です。雇用する側からすると、人手が足りないという理由が公の理由ですが、実際は低賃金で雇えるというのが本音のようです。海外リゾートアルバイトなどでは、実際に出稼ぎ側の付加価値の方が高く、雇用される側で考えると給与の割合は悪い場合が殆どです。2ヶ月滞在して、手元に残るお金が30万ほどだったとすると『稼げた』と感じるでしょうか。多くのフリーターなどからすると短期間での収入では自給の良い方だと感じるはずです。しかし、正社員雇用されている会社からの2ヶ月間の給与と比較すると所得額面では、2倍ほどの差があるはずです。ですので、雇用主からすると正社員雇用よりも人件費を安く抑えることができるメリットがあります。雇用される側からすると、一定期間の拘束はあるものの、やや高い自給となるため、フリーターが得られるお給与にしては大きな金額を手にすることが出来るのです。さて、出稼ぎの種類として「風俗」の人気がある理由はどこかというと、かなり単純になります。一般の業種の出稼ぎアルバイトに比べて、短期間で圧倒的に多い給料を得ることが出来るからです。一般の業種では、一週間働いたとしても給与は、7万円程度でしょう。一時的に人手が必要である分、自給が少しだけ高めであると考えて良いでしょう。もしも、1ヶ月を通して働けば正社員並みのお給料であると考えられますので、悪くはないと考えられます。では、風俗はどうでしょうか。風俗は接客業でですので、基本的には指名がなければ直接的に労働をしたという形にはなりません。出稼ぎをメインにしている店舗であれば、指名されすに待機をしなければならないというリスクは殆どないでしょう(この点については、興味のある人は「保障面はどうなっているのか」と気になる部分にはなりそうです)。ですので、1日に4~5件のオファーがあり、1週間で30件程度の労働となるわけです。勘の鋭い方は既にお気づきかと思いますが、仮に1人のお客さんの相手をした場合に最低でも1万円を貰えたとすると、30件で30万円になるわけです。この時点で上述した一般業種の出稼ぎとのお給与の差が、一週間で25万円近くにもなります。これが分かると、どれだけ割りの良い仕事かがご理解いただけるのではないかと思います。もちろん、働き手の女性の頑張りによる部分は非常に大きいですが、それだけ見返りが大きいのが、風俗の出稼ぎなのです。出稼ぎの求人に興味がある方は、是非いかがでしょうか。

[ 2014-01-01 ]

カテゴリ: 求人体験談

風俗 出稼ぎ